ha house

2005
住宅
滋賀県大津市石山
木造2F建
プロデュース:ハウゼスト株式会社
施工:株式会社 白畑建設

2006/03 Memo 男の部屋 掲載


ナチュラル色の空間


大津市石山、歴史を感じさせる街に建つ。
敷地は、名神高速道路とJR東海道線に挟まれた住宅地にあり、
南側:名神高速道路の遮音壁、西側:敷地の約5m上空を通る一般道の擁壁、
に挟まれた三角の形状をしている。
東側に続く住宅地を背にして、都市のノイズとも言える遮音壁・擁壁、そして力強く育つ雑草を借景に庭を確保し、この住宅を開くことにした。
LDK〜テラス越しに見る都市のノイズの風景は、京都の寺院の石庭を思わせる静けさと力強さが共存する。


空間構成
1F-パブリック空間=小さな和室+大きなLDK+仕事部屋
2F-プライベート空間=小さな寝室+大きなファミリールーム(=子供室)+水廻り
開放的な階段で結ぶ。

バーベキューパーティをしたい、という建主の要望により、
1F来客時にも、子供達の生活空間(遊び場、浴室、寝室)は損なわれることのないように、2Fにプライベート空間を確保した。
1Fキッチンと2F水廻り・ベランダを階段の横に設置して、家事の動線の短縮を試みた。

玄関より大きなLDK(天井高=2844mm)に入ると、正面南側に大きな木の壁が立ちはだかる。床のフローリングの一部を立ち上げ、壁としたもので、その背後に明るい書斎と不思議な光の天井(FRPプレート使用)をもつWCが隠されている。
その壁に導かれて右へ、大開口より、テラコッタ貼りのテラス〜砂利敷きの庭〜野生の緑、を望むことができる。三角形の敷地の長辺を使い、最も奥行きを感じさせる場所である。

和室は、この家の<ハレの空間>である。
天井高2150mmのボリュームの小さい空間で、天井の代ハギボード・座して見るための窓・ふちナシ畳により、落ち着いた和室となった。
おじいちゃん、おばあちゃんからいただいたお雛様を飾るための間である。


ナチュラル色の空間
小さい家の中に、建主の描く生活空間を実現するために、極力、廊下と壁を排除した結果、大きな空間ができた。
さらに、床・壁・天井共、仕上素材に着色し、空間全体をナチュラル色の空間とした。
反射の強い白色ではなく、ナチュラルな色を使うことで、家族・訪れる人の気持ちを自然体に保ち、大空間がおおらかに包む。
この小さな家を訪れる人の穏やかな表情、それがこの住宅のコンセプトである。